お知らせ

  • 2016.09.05
    穂が黄金色に変わるまで【蕪栗米生産組合】

    8月に出穂した稲は順調に登熟(とうじゅく)が進んでいます。 お米の種子が次第に発育して大きくなることを登熟と言います。 登熟の初期は、籾の中のお米はまだ液状です。私たちが食べるお米はこれが...

  • 2016.08.09
    緑の畦畔作り【蕪栗米生産組合】

    田んぼを管理するためには畦畔(けいはん)という田んぼの周りの草刈りも必要です。 草刈りをしないとお米の一番の天敵、カメムシの発生を防ぐことが難しくなります。 カメムシが好むイネ科の雑草の穂...

  • 2016.07.29
    お客様にお米の保管についてお願い

    いつも蕪栗米生産組合をご利用頂き有難うございます。 お客様にお米の保管等についてお願いがございます。 夏になりますと気温が上がりますので、購入したお米は早めに消費することや、密閉容器に入れ...

  • 2016.07.28
    平成27年度宮城県産・ササニシキの在庫状況について

    いつも格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 おかげさまで、平成27年度宮城県産・ササニシキ|省農薬米(除草剤1回・殺虫殺菌剤不使用)は残りわずかとなり、まもなく完売します。 ご注文...

  • 2016.07.27
    蕪栗米生産組合及び直営販売サイト「かぶくり屋」お盆期間休業日について

    いつも蕪栗米生産組合をご利用頂き有難うございます。 お客様にお盆期間休業日についてご案内致します。 蕪栗米生産組合及び直営販売サイト「かぶくり屋」は 2016年8月11日(木)~8月...

  • 2016.07.06
    水田魚道の設置と維持【蕪栗米生産組合】

    蕪栗米生産組合では田んぼと水路の間に水田魚道(ぎょどう)を設け、 フナやコイ、ドジョウ、ナマズやメダカ等の淡水魚類が、田んぼと水路の間を自由に往来出来るようにしています。 田んぼの整備など...

  • 2016.06.29
    田んぼの生きもの調査【蕪栗米生産組合】

    蕪栗米生産組合では「田んぼの生きもの調査」を定期的に行っています。 田んぼや水路、ため池など、多様な環境で成り立つ農村地域は、生きものにとって重要な生息、生育の場となっています。 「生きも...

  • 2016.06.16
    平成27年度宮城県産・つや姫|有機米(有機JAS認証)在庫状況

    いつも格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 おかげさまで、平成27年度宮城県産・つや姫|有機米(有機JAS認証)は残りわずかとなり、まもなく完売します。 ご注文は順にお受けしますの...

  • 2016.06.03
    有機米に大豆・天然の除草剤【蕪栗米生産組合】

    蕪栗米生産組合では田植えと同時に大豆を散布しています。 発酵肥料としての効果が期待できるため、毎年大豆を乾燥させ、粉砕して田んぼに蒔いています。 ただし、大豆は窒素濃度が高く、蒔きすぎると...

  • 2016.05.10
    28年宮城県産蕪栗米・健全な苗づくり【蕪栗米生産組合】

    蕪栗米生産組合の育苗方式は、ハウス内で苗を成苗に育ててから田植えを行うため、ポット育苗(ぽっといくびょう)を採用しています。 写真のように区切られた播種穴がある育苗箱で育苗する方式で、一穴当たり...

3 / 1412345...10...最後 »
生き物豊かな田んぼのお米お届けします - 公式通販サイト「かぶくり屋」