蕪栗の土づくり

蕪栗米生産組合では食の安全・安心のため、有機肥料をたい肥製造プラントで自家生産してます。
稲にとって土は命です。土の良し悪しはお米の品質に直結します。

※有機肥料とは、動物性や植物性の有機物を原料とした肥料のことで、即効性は低いですが土壌に長期間蓄積される大事なものなのです。
有機肥料の良し悪しは田んぼの生物の多い・少ないに関係し、それが安全でおいしい米作りに生かされます。

お米づくりで必要な肥料は3つ!

  • 窒素・・・葉や茎が生育するために必要な肥料です
  • リン酸・・・花や実をつけるために必要な肥料です
  • カリウム・・・根が大きくなるために必要な肥料です

蕪栗米生産組合では堆肥、鶏ふん、牛ふん、豚糞などのほか、きのこ廃オガ牡蠣殻帆立殻等を利用して肥料の製造を行っています。
細かく砕いた牡蠣殻、帆立殻を土に混ぜるとph(ペーハー)値が下がり、リン酸の吸収が良くなると言われています。
米はリン酸を吸収すると食味が増すのです。

また、きのこ廃オガは地元の農家から、牡蠣殻は松島町のカキ貝を、帆立殻は南三陸町のホタテ貝を使用するなど耕種・畜産・水産との連携を図っています。

宮城県蕪栗米生産組合公式通販サイト「かぶくり屋」